ページ本文

「自然災害による被災者の債務整理に関するガイドライン」のご案内

 「自然災害による被災者の債務整理に関するガイドライン」は平成27年(2015年)12月に取りまとめられた民間の自主的なルールであり、平成28年(2016年)4月から適用が開始されました。
 このガイドラインは、「災害救助法」が適用された自然災害により被災した個人または個人事業者の方を対象としており、このガイドラインを利用することによって、住宅ローン等を借りている被災者が、破産手続きなどの法的な倒産手続によらず、銀行などの金融機関等との話し合いにより、住宅ローン等の減額や免除を受けることができます。

 このガイドラインに基づく債務整理を行うことによって、債務者には次のようなメリットがあります。

メリット1:個人信用情報として登録されないため、新たな借入れに影響が及びません。
 破産手続・再生手続とは異なり、このガイドラインに基づく債務整理の場合には、個人信用情報として登録されません。そのため、その後の新たな借入れにも影響が及びません。

メリット2:国の補助により弁護士等の「登録支援専門家」が無料で手続を支援します。
 このガイドラインに基づく債務整理を的確かつ円滑に実施するために、弁護士などの「登録支援専門家」が、債務者及び債権者のいずれにも利害関係をもたない中立かつ公正な立場でこのガイドラインに基づく手続を支援します。

メリット3:財産の一部をローンの支払いに充てずに手元に残すことができます。
 具体的には、債務者の被災状況や生活状況などの個別事情により異なりますが、預貯金などの財産の一部を「自由財産」として残すことができます。

 詳しくは、下記のリーフレットまたは東日本大震災・自然災害被災者債務整理ガイドライン運営機関のホームページをご覧いただき、「自然災害による被災者の債務整理に関するガイドライン」による債務整理を希望する場合は、ローン借入先の金融機関にお問い合わせください。

本ページに関するお問い合わせ先

 九州財務局理財部金融調整官 096-353-6351(内3084、3089)

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Reader(無償)が必要です。
ダウンロードした後インストールしてください。

Get Adobe Reader