ページ本文

九州幸銀信用組合と佐賀商銀信用組合の合併について(平成17年8月9日)

  1. 本日、九州幸銀信用組合から、平成17年12月を目途として、佐賀商銀信用組合と対等合併することで合意した旨の報告を受けた。
     
  2. 九州幸銀信用組合からは、金融機関を取巻く環境が大きく変化する中、営業地区を拡大して収益体質を強化し、健全かつ強固な経営基盤を構築することにより、民族系金融機関として在日韓国人組合員等の利便の向上及び地域密着型金融の推進に一層貢献できることから、合併の合意に至ったものと聞いている。
     
  3. 当局としては、今後、本件合併に向けた作業が円滑に行われるとともに、当該合併を契機として経営資源の有効活用や効率化により、経営体質の強化が図られることを期待している。
    併せて、本件合併が、地域密着型金融の機能強化につながり、利用者利便の向上や地域における円滑な資金供給を通じ、中小企業の再生と地域経済の活性化・発展に資することを期待したい。
     
  4. 今後、両信用組合において、合併に向けた必要な手続きが進められることとなるが、当局としては、関係法令の規定に則り適切に対応して参る所存である。
     

照会先

九州財務局 理財部 金融監督第二課
電話:096-353-6351
(内線)3210または3240

両信用組合の概要

(平成17年3月末現在)
組合名 九州幸銀信用組合 佐賀商銀信用組合
沿革 昭和31年8月
 熊本商銀信用組合として設立
平成14年5月
 福岡商銀信用組合の事業譲受
 九州幸銀信用組合に名称変更
平成14年7月
 大分商銀信用組合の事業譲受
昭和53年2月
 佐賀商銀信用組合として設立
本店所在地 熊本市米屋町2丁目22番地 佐賀市神園2丁目10番26号
理事長名 金 泰むん(キム テムン) 権 龍水(ゴン ヨンス)
預金 348億円 14億円
貸出金 268億円 8億円
出資金 1,410百万円 261百万円
組合員数 7,000人 607人
店舗数 8店舗 1店舗
常勤役職員数 91人 9人
自己資本比率 6.95% 6.67%
事業地区 熊本県、福岡県及び大分県一円 佐賀県一円

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Reader(無償)が必要です。
ダウンロードした後インストールしてください。

Get Adobe Reader