ページ本文

金融・証券等に関する仕事

財務局:金融監督第一課、金融監督第二課、金融監督第三課、金融調整官、検査総括課・検査指導官、統括金融証券検査官、証券取引等監視官/財務事務所:理財課
 

銀行・信用金庫・信用組合の監督・検査

地域金融ステージアップ・シンポジウム

 金融は経済の血液です。 その流れの預金・融資・決済等を担う預金取扱金融機関の経営や業務が適切に行われないと経済に支障が生じますので、財務局が監督・検査を行っています。
 具体的には銀行・信用金庫・信用組合等の財務の健全性や業務の適切性(経営管理、リスク管理等)を確保するためにモニタリングを行っているほか、金融仲介機能の向上へ向けて、中小企業等への資金供給が円滑に行われるよう、事業性評価(※)に基づく融資や事業支援活動についても実態把握を行い、深度ある対話を行っています。
 また、地域密着型金融の推進のため、金融機関間の知見・ノウハウの共有に資する取組み(各種会議の開催等)を行っています。

※金融機関が、現時点での財務データや、担保・保証にとらわれず、企業訪問や経営相談等を通じて情報を収集し、事業の内容や成長可能性などを適切に評価すること。
 

貸金業者の監督・検査

 消費者金融等を利用される方の利益の保護を図るために、貸金業者に対して、業務の適正な運営が行われるよう監督・検査を行っています。(財務局は県をまたがる業者を監督、県は県内の業者を監督します)
 
 

前払式支払手段発行者等の監督・検査   

 前払式支払手段(商品券、プリペイドカード、インターネット上の電子マネー等)発行者、資金移動業者及び暗号資産交換業者等に対して、業務の適正な運営が行われるよう監督・検査を行っています。
 
 

生命保険募集人・損害保険代理店等の監督・検査 

 保険契約者等の保護を図るために、保険募集人等に対して、業務の適正な運営等が行われるよう監督・検査を行っています。
 

金融商品取引業者等の監督・検査

 投資者の保護を図るため、金融商品取引業者(証券会社、投資助言・代理業者、ファンド業者など)、適格機関投資家等特例業務届出者、金融商品仲介業者に対して、業務の適切な運営が行われるよう監督・検査を行っています。また、ファンド等金融商品の取引を名目とした詐欺的な投資勧誘の被害防止に向けて、悪質業者に対し、違法な行為を直ちにやめるよう警告書の発出・公表を行います。
 

利用者保護及び金融知識の普及に関する仕事

 特殊詐欺等金融犯罪被害について、 地方公共団体、 消費者センター、 警察当局と情報共有・連携を密に図り、地域住民への注意喚起広報活動を行うなど、被害の未然防止に取り組んでいます。また、子どもから社会人、高齢者などの幅広い層に対して講座や企画イベントを実施するなど、一人一人が経済的に自立し、より良い暮らしができるようになるために金融知識の普及向上に努めています。
 

金融トラブルについての講演

街頭啓発活動

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Reader(無償)が必要です。
ダウンロードした後インストールしてください。

Get Adobe Reader